産後鬱に陥らないために

抜け毛がひどくて産後鬱に!うつ状態から脱出するにはどうすれば?
 「産後鬱」という言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
 産後鬱と言うのは、出産後のママさんに起こる症状の一つです。
 全ての産後のママさんが産後鬱になるわけではありませんが、産後は環境や体調の変化が著しく、産後鬱になるママさんがいるのです。
 今や10人に1人は産後鬱になると言われているので、決して人事でも珍しい事でもないですよ。

 

産後鬱の症状と原因について

産後鬱の症状としては以下の状態があります。
ご自身が当てはまらないかチェックしてみてください。

 

  • 食欲がなくなる
  • 眠れなくなる
  • 頭痛や吐き気が起こる
  • 抜け毛の症状が悪化する
  • 今まで興味のあったことに関心がなくなる
  • やる気が起こらない
  • 赤ちゃんのお世話が苦痛になる
  • 気分が落ち込み、涙もろくなる

 

 上記の例は一部であり、症状は人によって様々です。
 産後鬱の原因として、産後急激にホルモンバランスが変化したことや、育児や家事のストレス等があります。

 

 また産後に起こる抜け毛もストレスの要因になり、産後鬱を引き起こす原因の一つです。
 毎日大量に髪の毛が抜ければ、ストレスにならないわけがありませんよね。

 

 産後鬱の時期は個人差があり、産後1カ月以内に発症する人が多いですが、中には産後3カ月を過ぎてから発症するケースもあります。
 症状が改善するまでに、早い人であれば1カ月程度、長い人であれば1年近くかかる場合もあるので、個人差によって様々です。

 

 

産後鬱になりやすい人とは?

 産後鬱は誰でも避けたいですが、なりやすいタイプがあります。
 以下に紹介する性質の方は、うつ状態にならないために注意が必要です。

 

  • 真面目で家事や育児を完璧にこなしたい人張りやさん
  • 周囲に頼れる人がいない人
  • オシャレやメイクを頑張りたい人

 

 上記から、頑張りやさんで適当に手を抜くことができない人が、産後鬱になりやすい傾向があります。
 産後は環境の変化が激しく、ママの体調も万全ではありません。
 そんな時に、家事も育児も完璧にしようと思っても、到底できないものです。

 

 また産前にメイクや髪形のオシャレにこだわった人であれば、産後の抜け毛がストレスになったり、体型の変化やメイクする時間がない等もストレスになります。
 何でも完璧にしないと、と自分を追い詰めたり、理想の自分に強くこだわる事で、結果産後鬱になってしまうのです。

 

まとめ:産後鬱を脱出する方法

抜け毛がひどくて産後鬱に!うつ状態から脱出するにはどうすれば?
 産後鬱を脱出するためには、まずは自分の意識を変えることから始まります。
 「完璧にしなくてもいい」「手を抜いてもいい」とおおらかに考えることが大切です。

 

 赤ちゃんとの生活は予想外の連続です。
 急に泣いたり、眠らなかったり、大人の思うように赤ちゃんは動いてくれません。
 赤ちゃんはそういうものだ、と割り切って、産後しばらくはママもゆっくり生活することが大切です。

 

 また、抜け毛に関しては、一時的なものだと割り切って考えることが大切です。
 ママの睡眠時間が不足すると、どうしてもイライラしたり、ストレスがたまります。
 週末などは家族に頼って、ゆっくり寝る時間を確保できるといいです。

 

 産後鬱が長引いたり、症状が悪化する場合は、一人で悩まずに精神科や心療内科を受診することをおすすめします。
 カウンセリングや抗うつ剤の治療を行って、症状が良くなることもありますよ。
 大事なのは、一人でかかえて悩まないことです。

 

産後の抜け毛と育毛剤ガイドトップページへ戻る

関連ページ

40代女性のホルモンバランスの乱れ。抜け毛以外に現れる体の変調
ここでは更年期障害とホルモンバランスの崩れによる体の症状についてまとめます。 更年期障害に陥らないような生活を心がければ、自然と抜け毛対策にもなります。
薄毛の遺伝は本当?産後でも抜けやすい人・抜けにくい人がいる?
女性、男性ともに薄毛になる原因は、遺伝的要素が強いと言われています。しかし、その一方で出産を経験してもあまり抜け毛がひどくない人もいます。どういった人が薄毛になりがちなのか、傾向と対策についてまとめました。
抜け毛の本数が多すぎる?1日何本まで抜け毛は許容範囲なのか?
平均的な大人の場合、1日50本〜100本髪の毛が抜け、産後の脱毛期にあると、200本程度抜けることもあります。それでも毛髪の0.1%が抜けたにすぎないため、あまり気にすることはありません。
抜け毛で病気を疑う場合。産後に深刻な脱毛の症状が見られたら
出産後1年以上経過しても抜け毛の本数目に見えて減らない場合は、病気の可能性もあります。自己判断は、病気の進行を進めてしまう可能性がありますので、悩んだ時は医師に相談しましょう。